ネントレとは、ねんねトレーニングの略で、英語ではSleep Trainingと言います。

赤ちゃん(や子ども)に寝る方法を教え、夜中に目が覚めても自力で再入眠できるようにトレーニングすることです。

「トレーニング」と言うと、すごくつらいもの、大変なもの、可哀そうなもの、、という印象を受けてしまうかと思いますが、赤ちゃんを泣かせて放置したり、ジーナ式のように厳しいスケジュールどおりに過ごすだけではありません。
どちらかと言うと、トレーニングというよりは、親が寝ることを教えてあげて、赤ちゃんが本来持っている寝る力を引き出してあげること、なんです。

日本では、ジーナ式がいち早く有名になり、ジーナ式の書籍を読んできたママたちはたくさんいらっしゃると思います。

このジーナ式は、イギリス人のGina Fordさんによるメソッドなのですが、実は世界には他にも多くの専門家や小児科医などがいて、それぞれが独自の異なるメソッドを提唱しています。

たとえば、Dr. Richard Ferber, Dr. Harvey Karp, Dr. William Sears, Dr. Marc Weissbluth, Ms. Kim West, Ms. Elizabeth Pantley, Ms. Tracy Hogg などなど。。まだまだたくさんいらっしゃいます。

日本語訳されていない書籍も多いので、知らない方も多いとは思いますが、BABY SLEEP SCHOOL TOKYOでは、英文の書籍もたくさん読んでおり、数あるメソッドの中から、お子さまやご家庭に合ったものを選択、時には複合的に組み合わせてご提案・アドバイスさせていただいています。

ジーナ式を試したけど、自分には、自分の子どもには合わなかった。。。
保育園に行き始めたらジーナ式のスケジュールどおりにできなくなった。。。

そんなお声を良く聞きます!

でも、どうか諦めないで欲しいです。
ひとりで寝られない赤ちゃんはいません。

お問合せ・Contact